子育て

抱っこ紐の熱中症予防!!! おすすめ暑さ対策グッズ5選!!!

連日猛暑続きでげんなりしちゃいますね。

赤ちゃんを連れて外出するにも抱っこ紐だとお互いに暑い!!
ベビーカーは赤ちゃんと地面の距離が近くなるので、時間帯によったら赤ちゃんに負担をかけてしまうし…

そんな時は出かけないのが良いんでしょうが、そうもいかない時があります。

買い物や光熱費の支払い、何かと手続きがあったりしてどうしても外出しなきゃいけない時もありますよね。

みりぃママ
みりぃママ
ちなみにうちの子はベビーカーがあまり好きではなく15分もったらかなり良い方。
この暑い中、ベビーカーを押しながら泣きわめく娘を抱っこする・・・なんて姿を想像するだけでゾワーです。笑

まだまだ暑い日は続きますが、暑さ対策グッズを使うことで熱中症予防や赤ちゃんにとって快適な環境を作ってあげることができます!

しっかり対策をとって可愛い我が子の身を守ってあげましょう!!

抱っこ紐の熱中症対策にはコレ!!便利グッズ5選!!

スポンサーリンク


エルゴベビー アダプト クールエア メッシュ

エルゴベビーは言わずと知れた人気抱っこ紐ブランドです。

このタイプは抱っこ紐全体に3Dエアメッシュが採用されているので、高い通気性・耐久性が人気のポイント!
最新のものは新生児期からインサートなしで使えます。

赤ちゃんだけでなくパパママも快適に!

・・・といってもこの暑さですからね、メッシュ素材でもやっぱり汗はかいちゃいます^^;

なのでさらに暑さ対策グッズをプラスしていきましょう♪

UVカット マルチケープ

UVカット率95%以上(UPF20)のマルチケープです。
抱っこ紐だけでなくベビーカーやおんぶの際にも使用できます。

ケープをかけるなんて余計に暑苦しいイメージですが、吸水速乾性のある生地なのでサラサラと快適な着心地で熱がこもる心配もありません。

抱っこ紐だと手足や頭がすっぽり出てしまいますが、このケープはフットカバー・フード付きで赤ちゃんをすべて覆ってくれます。
強い日差しからも肌を守ってくれるのです。

▼ワンタッチクリップがついているので、装着も楽々!

抱っこ紐用 保冷剤シート

この商品は現在取り扱いされていません

背中側にこの保冷剤シートをつけます。
汗をかきやすい背中なので汗ムレを防ぐ効果があります。

本体に取り付け用の紐がついているので、抱っこ紐にもしっかり固定することができます!

保冷剤はカチカチに固まらないタイプで、冷やしすぎず快適な温度が保てます。
自宅にある保冷剤をタオルで包むことでも代用できそうですが、やはり専用に作られているものの方が温度調整の面では安心できますね。

もちろん抱っこ紐だけでなく、ベビーカーチャイルドシートなどマルチに使用できます!
本体に水滴が染み込まないよう防水布が使用されているので、服が湿ってしまう心配はありません。

UV帽子

この帽子は99%以上UVカットしてくれます!

紫外線から守ってあげるには帽子は必須アイテムですね!

嬉しいポイント

しっかり顔を包み込みこめる程の大きめツバ

ツバがあることで顔周りが日陰になるので、暑さを和らげることができます。

紐で帽子のサイズが~52cmまで調整可能!

対象年齢6か月~となっていますが、サイズ調整できるおかげで4か月の娘でも使用することができました。

可愛いデザインでキッズデザイン賞を受賞されています。
さらに様々な育児本や育児雑誌にも取り上げられているんですよ!

汗取りガーゼ

うだるような暑さに加えて赤ちゃんは新陳代謝が高く体温調節機能が未熟です。そのためとっても汗っかき。

汗をすばやく吸収してあげないととっても不快な状態になるので通気性の高い服汗とリガーゼを取り入れてみましょう。

昼間は気温が高くなるので、朝や夕方にお出かけするようにして少しでも負担がない時間帯を選びましょう!

まとめ


熱中症対策をとらないママはいないと思いますが、上手く対策グッズを使うと熱中症だけでなくあせも・湿疹などの皮膚トラブルの予防にもなります。

暑いなか抱っこ紐でのお出かけはオススメできません。
ですがどうしても必要になる場面は必ずあると思うので万全の対策をとってお出かけしてくださいね(^^)
スポンサーリンク