お役立ち情報

【スギ花粉】ヨーグルトで花粉症改善⁉ 危険な食べ物は〇〇?

寒い冬が終わり、次に春が来ると思うとホッとしますよね。

暖かくなってお花見やピクニックなど楽しいイベントもありますが、花粉が気になるシーズンであるとも言えます。

花粉症の人も多いのではないでしょうか。

みりぃ
みりぃ
私も花粉症で、毎年この時期は憂鬱な気分になります。

マスクの着用や薬は必須ですが、実はヨーグルトが花粉症に良いという噂があるのです。

他にも、なんと意外なあの食べ物が花粉症を悪化させることがあるとか…。

気になりますよね。
今回は花粉症の人必見の改善策、注意点をご紹介していきます。

乳酸菌が効果あり?本当にヨーグルトで花粉症は改善するの?

スポンサーリンク


花粉症のメカニズムを理解しよう

スギ、ヒノキ、イネなどの植物の花粉が原因で発症する花粉症ですが、そもそも花粉は体に害があるものではありません。

免疫システムのバランスが乱れることが原因なのです。

体内には様々な免疫システムがあり、バランスを保っています。

ある免疫細胞が多すぎたり、偏ったりすると抗体が増えてしまい、アレルギー反応を引き起こしてしまいます。

花粉症で言うと、鼻水・くしゃみ・かゆみなどが当たりますね。

ヨーグルトの乳酸菌で腸を大切にしよう

体内の免疫システムを支えるのが腸です。

ヨーグルトが花粉症に効果あるとされるのは、乳酸菌に含まれる善玉菌で腸内環境を整えることができるからです。

善玉菌が腸内の悪玉菌を減少させ、免疫細胞のバランスを調整し、アレルゲン(アレルギーの原因になる物質)が体内に侵入するのを防ぐ効果があります。

また乳酸菌で腸の粘膜を強くすることで、より効果を高めることができます。

ヨーグルトの効果的な食べ方・食べる量は?

花粉症が発症する前の時期からヨーグルトを食べておきましょう。

発症してから食べるのではなく、なるべく早い段階から食べて腸内環境を整えておきましょう。

食べる量は100~200g程が理想ですが、続けられる量で継続することが大切です。

また、食後にヨーグルトを食べることがオススメです。

乳酸菌は胃酸や消化液に弱く、生きたまま乳酸菌を腸に届けるには、食後の消化液の酸性度が落ち着いたタイミングがベストだからです。

ヨーグルトはスーパー・コンビニなどでも気軽に買え、はちみつをかけたり、グラノーラと一緒に食べたりとアレンジもカンタンなので、毎日食べる習慣をつけておくと安心でしょう。

ヨーグルトで気をつけること

まずヨーグルトは加糖のものよりプレーンタイプを選びましょう。

体質改善に必要なビタミンが加糖のものには少なく、原料を発酵させただけのプレーンタイプのほうがシンプルでオススメです。

また、ヨーグルトは1度食べてすぐに効果がでるものではありません。

最低でも1週間は同じものを食べ続けて、自分の体質に合ったものかどうかを判断しましょう。

判断の仕方として以下の点を参考にして下さい。

①便通が良くなる
②肌がきれいになる
③疲労感を感じにくくなる
④よく眠れるようになる

スポンサーリンク


トマトが要注意な訳とは?

反対に、花粉症の人にトマトがあまり良くないと言われています。

私は今まで普通に食べていました…。

むしろ、トマトのさっぱり感が鼻のムズムズに効果がありそうな感じがしませんか?

実はトマトはアレルゲンを持つ野菜で、このアレルゲンがスギやヒノキなどの花粉が持つアレルゲンと構造が似ています。

実際には違うものなのですが、トマトを食べることによって花粉が入ってきたと体が勘違いしてしまい、アレルギー反応を起こしてしまうのです。

トマトも原因の1つだったなんて…。
気付かずに食べ続けることで、症状をより悪化させていたということになりますね。

まとめ

花粉シーズンが来る前の段階から、ヨーグルトを食べて腸を元気づけておくことが大切だと分かりましたね。

トマトが好きな人もこの間はガマンして、今年は少しでも花粉症をやわらげることに努めてみませんか?

いつもの花粉症対策にプラスして、快適に春を過ごせるようにしましょう。

この商品は現在取り扱いされていません

スポンサーリンク