お役立ち情報

柔軟剤は混ぜるとどうなる?問題ないの?

お洗濯の時に、必ずといっていいほど使われている柔軟剤ですが…

ふと、こんなことを思ったことはありませんか?

『色んな種類の柔軟剤を持ってるけど、混ぜたらどうなるんだろう?』
『色んな香りを楽しみたい!』
『混ぜてみたいけど、有害な物質が出ないか心配
などなど。

柔軟剤に関する疑問をまとめてみました!

柔軟剤の成分は?混ぜるとどうなるの?

スポンサーリンク


柔軟剤には陽イオン界面活性剤というものが含まれており、汚れを落とす効果はないけれど、柔軟仕上げ効果・帯電防止効果などがあります。

また、殺菌作用もあります。

柔軟剤に使われている陽イオン界面活性剤は、ジアルキルアンモニウム塩などの第四級アンモニウム塩が多いとされています。

陽イオン界面活性剤には毒性がある?

柔軟剤に限らず洗剤全般にいえることですが、『毒性がある』『皮膚に刺激が強い』などいわれています。

陽イオン界面活性剤は、洗剤に含まれている陰イオン界面活性剤と比べてみると、数倍の単位で毒性が強いことが知られています。

強力な陽イオン界面活性剤だと、毒物指定されているものもあるとのこと…

…危険ですね!
でも安心して下さい!

柔軟剤に含まれるものには毒性はほとんどなく、基本的に害はありません。

柔軟剤の欠点としては、ずっと使っていると水分を吸収しにくくなったり、使いすぎると衣類に残留しやすくなってしまうことです。

適度な分量で使うのが一番ですね!

柔軟剤は混ぜてもいいの?

柔軟剤の効果としては、混ぜても問題はありません!
成分的にも、問題はないようです。

ただし、柔軟剤には様々な香りがあります。

違う香りが混ざったとき、どういう香りになるのかわかりません。
良い香りになるかもしれないけど、イヤな香りに代わってしまう可能性もないとは…

言い切れないですね。

レノアハピネスは他の柔軟剤と混ぜて使ってしまうと、固まってしまうようです。

成分表に書かれているみたいなので、特に注意書きがなければ混ぜても大丈夫かと思われます!

洗剤と柔軟剤はNG!

洗剤の陰イオン界面活性剤(弱酸性)と、柔軟剤の陽イオン界面活性剤(弱アルカリ性)が反応してしまうと、中和されてお互いの効果を打ち消してしまいます。

洗剤と柔軟剤の意味が無くなってしまうので、混ぜて使うのはNGです!

柔軟剤は混ぜてもOK?それとも混ぜないべき?

上にも書いているように、混ぜても特に問題はありません

レノアハピネスのように注意書きとしてなければ、ほとんどの柔軟剤は混ぜても問題はないかと思います。

ただし混ぜたあとの香りは未知数なので、そのリスクを頭に入れたうえでやってみるのもいいかもしれません…!

まとめ

いかがでしたか?

私も試してみたいところですが…
匂いに敏感すぎて、柔軟剤の匂いすらまともに嗅いだことすらありません(笑)

混ぜてみて、好きな香りを見つけてみるのもいいかもしれないですね♪

ほどほどに…!
スポンサーリンク